メタルフレームのデメリット

金属アレルギーの人は注意しよう

メタルフレームにはチタンやチタン合金が使用されていることが多いので、金属アレルギーが発祥しにくいという特徴を持っています。しかし、人によってはアレルギー反応が出てしまうこともあるので注意が必要でしょう。不安な人はチタンやチタン合金に関するアレルギーを持っているかどうかを医師に診断してもらってから、メタルフレームのメガネを探すのが良いと言えます。チタンやチタン合金がメインである場合はアレルギー反応が出にくいですが、銅合金が使用されているタイプはアレルギー反応が出る可能性が高いと考えられます。そのためメタルフレームのメガネを購入するときには、どのような素材が使われているかを入念にチェックしておくのが重要になります。

値段が高い傾向が強い

セルフレームよりもメタルフレームのメガネの方が価格が高くなりやすい傾向にあります。これは素材が原因だと考えられます。セルロイドやアセテートと言った素材を使っているセルフレームよりも、チタンやチタン合金、銅合金などの金属素材を使っているメタルフレームの方が素材代が高いパターンが多く、値段設定も高くなりやすいです。 セルフレームはデザインの種類が豊富にあるのに対してメタルフレームはデザインの種類が少ないというデメリットもあります。シャープなデザインが好みという人はメタルフレームのデザインでも不満はないかもしれません。しかし、メタルフレームにはポップなデザインが少ないというデメリットがあるでしょう。ポップなデザインが好みの人はセルフレームからメガネを選ぶ方が良いと言えます。